予防接種|阪南市の内科 消化器内科 馬野クリニック | 肺炎球菌ワクチン インフルエンザ ワクチン接種

072-447-8161

予防接種

予防接種はワクチンを接種することによって特定の病気になりにくく、たとえその病気になったとしても軽く済むようにします。当院ではお子様の予防接種から成人向けのインフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチンなどの接種を行っております。阪南市・泉南市・岬町など近隣にお住いの予防接種ご希望の方はご相談ください。

予防接種ご希望の方は電話で予約ください

072-447-8161

お子様の予防接種

当クリニックでは、お子様の予防接種を行っておりますので、ご予約の上、接種をお受けください。

定期接種

定期接種は国が「一定の年齢になったら受けるように努めなければいけない」(接種の勧奨)と規定しているワクチンです。接種費用は対象年齢内・規定回数内であれば、基本的に公費で負担されます。

当院で扱う定期接種ワクチン
2種混合ワクチン(ジフテリア、破傷風)不活化ワクチン
MR(麻しん風しん混合)第2期生ワクチン
日本脳炎ワクチン第2期不活化ワクチン

任意接種

任意接種は定期接種以外の予防接種です。「任意」とは、受けなくても良い予防接種といった意味合い ではなく、どれも大切なものばかりです。費用は基本的に自費になりますが、それでもやはり接種を受けられるよう、お勧めいたします。

当院で扱う任意接種ワクチン
ロタリックス(GSK:1価ワクチン)生ワクチン
ロタテック(MSD:5価ワクチン)生ワクチン
おたふくかぜワクチン(流行性耳下腺炎)生ワクチン
インフルエンザワクチン不活化ワクチン

※ロタウイルスワクチンの接種前後30分は授乳ができませんので、ご注意ください。

お子様の予防接種時にお持ちいただくもの

  • 1.予防接種予診票
  • 2.母子健康手帳
  • 3.健康保険証
  • 4.小児医療証
  • 5.診察券(お持ちの方)

成人向け予防接種

当院では、成人向けにインフルエンザワクチン、および肺炎球菌ワクチンの接種などを行っております。予防接種ご希望の方は電話で予約ください。

当院で接種可能な成人向け予防接種ワクチン

インフルエンザ
インフルエンザウイルスは毎年違う種類が流行するため、予防接種も毎年行う必要があります。インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまでに約2週間かかり、その効果は約5ヶ月間持続します。日本では、インフルエンザが例年12月~3月頃に流行することを考えると、毎年10月下旬~12月に接種するのが良いでしょう。
肺炎球菌ワクチン
肺炎は日本人の死因の第3位を占めています(厚生労働省発表の平成23年調査結果)。
肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぎます(ただし、すべての肺炎を予防出来るわけではありません)。65歳以上の方や慢性の持病をお持ちの方などは、肺炎球菌ワクチンの接種が推奨されています。
接種は、1年を通して、いつでも可能です。ただし、5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みなどが強く出ることがありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔をあけてください。接種の年月日は、忘れないようにメモしておきましょう。また併せてインフルエンザワクチンの接種も推奨されています。
風疹
風疹は風疹ウイルスによって起こる全身疾患で、症状としては発熱と発疹、リンパ節の腫れなどが特徴的です。成人が風疹に罹ると、高熱が続き、関節の痛みも生じ、一般に子どもより症状が強く出ます。なかでも問題になるのは、妊婦への感染です。妊娠初期に母体が風疹に感染すると胎児にも感染が及び、生まれてきた赤ちゃんに、白内障、先天性心疾患、難聴、発達遅延などが見られる可能性があります(先天性風疹症候群)。ワクチン接種が1回(現在は2回接種が基本)または接種不明、未接種の方、特になかでも妊娠可能な女性とそのパートナーには、妊娠前の接種をお勧めいたします。
帯状疱疹

帯状疱疹は水痘(水ぼうそう)に罹ったことがある人が発症する疾患です。80歳までに3人に1人がかかると言われている身近な病気です。体の左右どちらかに水膨れを伴う赤い発疹が帯状に出ます。ピリピリとした強い痛みで発疹が治っても3~6カ月以上痛みが続く場合もあります。50歳以上の方を対象に水痘ワクチンの接種による予防接種が可能となりました。

※阪南市の予防接種についての詳細は、「阪南市」のホームページをご覧ください。
http://www.city.hannan.lg.jp/kakuka/kenko/kenko_z/index.html